車買取の後に買ったミニバンとは

画像

 

正直、日産のミニバンはどれも見た目に大差がないなという感想です。それぞれにいいところがあるとは思いますが、初心者からすればもう少しデザインを変えて見た目に差をつけてくれないと、どれを選んだらいいのか分からないという感じです。

 

このミニバンを前の車を買取したあとに購入予定でした。

 

シックなデザインのものが多いですね。シンプルというよりは大人の雰囲気を出している車が多いと思いました。存在感はあるのですが、この大きさでコンパクトさを求めるのもおかしいですし、このくらいの重量感を出していてもいいと思います。

 

シートの色によって大きく雰囲気が変わります。車のカラーをブラックにしたなら、シートはホワイトにするなどすると、ほかの車と差をつけることができると思います。色によってはどこにポイントがあるのか分からない車になってしまうので、自分でシートを選んでカスタマイズするほうがいいと思います。

 

思った以上に中は広いのですが、もっと内装の写真をサイトに載せてほしいなといったところ。

 

文字の説明ではなく、画像で見せてほしいです。比較できるように工夫するところはいいですが、視覚から入りたい女性には、文字だけでの説明はわかりづらい部分があります。車自体はいいのですが、サイトの工夫をしてほしいと思います。

私の車の好みは、かなりの部分でフランス・パリでの経験から始まっていると感じています。
実は私、いまだにとても車酔いをしてしまうのです。

 

というか、本当の車酔いの人って、直らないと思います。
なので、そんなに車に愛着は持てないと思っていたし、苦手な車の中で、愛着こめてお掃除してあげられない…と思っていましたから。

 

でも、学生時代に大好きなパリに一人で旅した時に、パリジャンの車の扱い方をみて、自分にぴったりな感じだなと思い、それ以来、車に対する感じ方が変わったのです。
パリでは車はとても実用的なアイテムとして扱われているので、はっきり言って、日本よりもとても雑に扱っている感じに見えます。

 

車体もめったに拭いていませんし、駐車の仕方は有名ですが、本当にボンネットをぶつけながら縦列駐車してしまいます。
愛着あるからこそ、言えば、普段の自転車のような感じで使う。

 

一方、特に日本の都会では、車はぴかぴかに磨いて、ステイタスで…という方が多いと感じますが、実際は駐車代も高いし、都内では渋滞ばっかりだし…と、スマートなイメージがなかったので、個人的にはパリの車のように、実用的アイテムとして扱っていることが、なぜかとってもフィットしたのです。
そして、パリの石畳を車で走ると、ゴロゴロみたいに振動がありますが、不思議とその方が酔わなかったので印象が良かったんです。

 

高級車でソファがふわふわで、ゆるゆる滑るように走る…という方が、私にとっては酔いやすいんですね。
かなり個人的な見解ですが…そんなわけで、私の好みはフランス車です。

 

ルノーやプジョーです。
でも、それこそ、日本だとハイオクは高いし、故障しても部品は高いしやっかいだし…と日本車の方がいいなあと思うシーンは多々あるのですが…でも、好きな車に楽しく乗るのが一番ですね。

続きを読む

 今から10年以上前のことだ。
大学卒業後、小さな会社に就職し、晴れて社会人となった。

 

お金を貯め続け、ついにあこがれのマイカーを手にすることができた。
ホンダのシビック。

 

今ではすっかり高級車となってしまったが、昔はどちらかというと今のFITの位置づけに近く、値段も150万弱であった。
 新車納入日、とにかく緊張してドキドキしたことを覚えている。

 

30分あれば、ほぼ市内の全域、どこへでも行くことができるのである。
まるで自分に羽根が生えたかのような開放感と高揚感は、今でも忘れることができない。

 

 それから6年。
約8万キロの距離を、私は走りまわった。

 

ただ、とにかく天性の運転センスの無さであり、そこら中で接触事故を起こした。
人的なものは無く、全て対物であったが、私の車は、外見は傷だらけであった。

 

 そんな車とお別れの時。
そこら中の中古車買取業者に連絡を取り、査定してもらったが、全て「ゼロ円」との回答だった。

 

あまりにも寂しい査定内容。
最後に行き着いた買取業者で、初めて「5千円」という金額を提示された。

 

愛着があった車だっただけに、わずか5千円で売り飛ばすことはあまりにも悲しかったが、その金額で手放すことに同意した。
査定が低いのは、元はと言えば、車体を傷だらけにしてしまった自分のせいなのである。

 

 その5千円は、次に買った車、ホンダのFITのドライブレコーダー購入費用の一部にあてた。
今の車は、本当に気をつけて大切に乗っている。

 

査定で悲しい思いをするのはもう嫌だ。

続きを読む

 

日本ではほとんど見かけない韓国車、オーストラリアではかなり一般的です。
そんな韓国車でヒュンダイ・エクセルという小型車が一時期大人気だった事があります。

 

3ドアハッチバック、4ドアセダン、5ドアハッチバックのボディタイプがありましたがどれでも同じ、はた迷惑な共通点がありました。
それは「運転マナーが悪い」です。

 

無理な追い越しや横入りは当たり前、交差点に赤信号で加速侵入する輩までいて、運転中近くにエクセルがいたら出来るだけ離れるようにしていた位です。
不思議だったのはエクセルを選ぶ人に共通点がなかった事です。

 

血気盛んな若い子ばかり乗っているなら少々運転が荒くても仕方ないと思えるのですが赤ちゃん連れのお母さんやちょっとゆっくり目の運転をしそうなおじいちゃんも老若男女皆エクセル乗りは攻撃的な運転をしていました。
車好きな家人はレンタカーでエクセルを運転した事があるのですがエンジンが雑にピーキーで「がさつな運転がしたくなる」車だったと言っています。

 

車の特性でドライバーの行動が似通るなんて事があるのですね。
発売から10年経って最近ではほとんど見かける事はなくなりましたが相変わらず運転マナーの悪い人はいます。

 

でも乗っている車は千差万別です。

続きを読む

 

先日マイカーで大きい通りを走っていたら、私の車の前方に、タンクローリーが走っていました。
このタンクローリー、タンク部分がステンレスのようなピカピカの金属でできており、後部が鏡のようになっていたのです。

 

私の車がばっちり映るので、「おお、映ってる!」と最初は面白がっていたのですが…。
でもやがて走っているうちに、タンクに映り込んでいる景色が気になって、走りに集中できなくなってきました。

 

センターラインなどの路上の白線が、鏡面のような車体に映り、断続的にシュッ、シュッと前方に吸い込まれ、消えていくように見えるのです。
私は軽いめまい感覚をおぼえて、「タンクを見ないようにしよう」と、タイヤ部分を見るようにしたりしてしのぎましたが、それでも視界のふちに映る景色は、結構気になります。

 

普段は、視界を広く保つためにできるだけ遠くを見るようにして運転しているのですが、それができないのはちょっとストレスだなと思いました。
幸い、まもなく交差点で私は左折しましたので、後ろを走っていたのは数分のことでしたが、私はこの状態では長時間走れないなぁ、と思いました。

 

帰宅後家族に話したら、弟は「おれは平気だけどね。
自分の車が映ってるのを見るの楽しいから」と言っていました。

 

でも夜間はヘッドライトが反射してまぶしいよ、と言う話でした。
確かに夜間だと危ないかも。

 

気をつけなくちゃ、と思いました。

続きを読む

長年愛用していたストリーム、今年車検があり、タイヤはノーマル・スタッドレスともに買い替え時。
子供を生んでからは街乗りメインだし、旦那も普通車乗っているので。

 

毎年の納税時期になると気が重い。
このまま乗り続けても無駄に維持費が高つくだけだと思い、思い切って軽自動車に乗り換える事を決意しました。

 

子供が二人いるのでファミリー向けの車内空間が広く、スライドドアの車がいいなと思いネットで探しまくりましたよ。
このタイプの軽自動車はやっぱり限られてますよね。

 

大人気のホンダ・NーBOXがやはり第一候補でしたが、新車購入すると普通車並。
もちろん中古車の相場も高い。

 

タント、ルークス、スペーシアなど色々見ましたが、なかなか予算内で購入できないなと・・・日々ネットで検索しまくって出会った車が、スズキのパレットSWリミテッドUです。
中古車ですが、実物は新車並に綺麗だし、走行距離は6000`ほどで年式も比較的新しい。

 

そして相場よりも安く売りだされてたので購入を決意しました。
この車、両側電動スライドドアなのですごく助かってます。

 

他社の車でグレードが低いと片側のみスライドドアってのが嫌だった。
そして、スピーカーがなんと8個もついてるので音楽好きの私としては嬉しい装備。

 

バックモニター付きのCDが標準装備されてるので、車庫入れが不安な方にも嬉しい装備ですね。
見た目もパレットと比べるとスタイリッシュでカッコイイしとっても気に入ってます。

 

燃費や馬力は良いとはいえませんが、街乗りメインであれば十分です。

続きを読む

現在4人家族で軽自動車に乗っています。
新しい車を考えたときは、大人数で動くことが多いのでファミリーカーにしようと旦那と話していました。

 

そこで、あれこれ考え、調べ、結論に至った車はネッツトヨタのNOAHとVOXYでした。
二台とも兄弟車なので見てわかる違いは顔(ボンネット側)くらいかなと思っているのですが・・・最近この二台、お顔がリニューアルしましたよね?NOAHの方はなんだかトヨタのクラウンそのままを貼り付けたイメージで、VOXYはクラウンのアスリートの顔を真似た感じになりました。

 

今まではVOXYにしようね、と意見が固まっていた私たち夫婦ですが・・・お顔がリニューアルされたことで意見が分かれてしまいました。
旦那はNOAHの顔が許せないらしく、VOXYのスタイリッシュな感じがいいとVOXY派に。

 

私は逆にVOXYの顔が許せなくて、NOAH派に。
あのVOXYの顔、個人的意見ですが、ホンダのオデッセイのイメージになっちゃうんです。

 

だからぱっと見たときに「これはVOXY」と断言できず「これはオデッセイ」と言ってしまいそうな感じなんです。
あと、あのお顔になったとき一番に思ったのが車高が低く見える・・・顔はリニューアルされましたが、車高の変更はなかったと思うんですよ。

 

ただ、乗り降りしやすく床の高さが下がったとは聞いたんですけど。
今はその車を買うことを目標として貯金中ですが、これが購入本番になったときデットヒートにならないよう気をつけたいと思ってます・・・でもやっぱり今のだったらNOAHがいい

続きを読む

車を売るには査定金額を比較してから選ぶ必要があり、業者ごとの査定金額や買取の流れを把握する必要があります。
査定金額を比較するポイントは金額だけではなく必要な手数料などを把握する必要があり、内容を確認してから考えることが大事です

 

私が車を売った販売店では良心的な方法で査定をしてもらうことができ、思っていた金額よりも高く査定をしてもらうことができ満足しています。
査定金額を高くするには査定のポイントなどを把握し、信頼できる買取店を選ぶことが大事です。

 

私も友人から車を売るポイントやコツなどを聞いていたこともあり、納得ができる条件で売ることができ満足しています。
複数の業者の査定金額は万単位で違うことが多く、業者によっては中間マージンなどの費用がかかります。

 

査定金額を上げるには必要に応じて内装の状態を改善することやエンジンの整備などをする必要があり、買取店や経験者の体験談を参考にすると成功につながります。

 

 

得をするために行う車の査定

 

新しく車を購入するとなったとき、当然ですが今まで乗っていた車については、不要ということになります。
なので、私は今まで乗っていた車を売却することにしました。

 

ですが、ただ売却するのではなく、出来るだけ高い値段で売却したいと考えました。
そうすれば、新しく購入する車の費用の足しにすることが出来ます。

 

 

欲しいと思っていても、費用のことを考えると少しだけ手が届かない車を購入することが出来るようになるかもしれないのです。
なので、査定で高い値段をつけてもらうためにいろいろと調べてみることにしたのです。

 

そうして見つけた方法が、複数の会社で査定をしてもらう、というものでした。
複数の会社で査定をしてもらうのであれば、どこが一番良い値段を付けてくれるのかわかります。

 

なので、損をする可能性がとても低くなるどころではなく、得をすることが出来る可能性が高くなるのです。
また、査定の結果を比べることが出来るというのも、よかったです。

続きを読む

私は車が大好きです。
私は学生時代、免許をとれる年齢になってすぐに免許を取得し、ガソリンスタンドでアルバイトをしました。

 

ガソリンスタンドのアルバイトは、今までの仕事の中で一番好きです。
大好きな車の事をたくさん知れるし、バイト先で自分の車の整備や洗車をたくさんさせてくれました。

 

職業柄車好きの人が多く働いていたので、会話も車の話ばかりでとても盛り上がりました。
現在は結婚していますが、主人も車が好きで、整備士をやっています。

 

付き合っている頃はお互い車でばかり出かけていました。
デートはオートバックスや中古の車のパーツ屋さんを巡ったり、洗車をしたり車をいじったりなど、車に関係する事ばかりでした。

 

二人とも運転するのも好きなので、埼玉から大阪まで車で旅行したりもしました。
ただ、埼玉から大阪までの距離はさすがにすこし疲れました…。

 

結婚後もそれぞれの愛車に乗っていましたが(私はワゴンRで主人はマークX)、出産を期に車を買い換えようとなりました。
なぜならば軽自動車もセダンも小さい子供がいるファミリー向けではないと感じたからです。

 

新婚でお金もなく、泣く泣く二人とも愛車を売りました。
その売ったお金に少しプラスして、中古でVOXYを買いました。

 

二人ともミニバンに乗るのは初めてだったのでとても嬉しかったです。
大好きだった愛車との別れはすごく寂しかったですが、今ではVOXYという新しいパートナーと一緒に、家族も一人増え、三人でいろいろな場所へドライブに行きたいと思っています。

続きを読む